本文へスキップ

日本農林規格登録認定機関

JAS情報

JAS規格

 「JAS規格(日本農林規格)」は、「農林物資の規格化等に関する法律(昭和25年法律第175号)」(「JAS法」と略称されます。)に基づいて、農林水産大臣が、農林物資の種類を指定して制定した規格です。

 「JAS」は、Japanese Aguricultural Standard の頭文字をとった略称で、日本農林規格を意味するほか、JAS法に基づき、規格に適合した製品にJASマークを表示することを認める「JAS規格制度」をあらわす言葉としても使われます。
 
 JAS法でいう「規格」とは、指定された農林物資の、品位、成分、性能その他の品質(寸法を含む)についての基準をいいます。

 北林検が扱っている林産物のJAS規格は「製材の日本農林規格」、「枠組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継ぎ材の日本農林規格」及び「素材の日本農林規格」です。
  


JAS規格の格付

 JAS規格が定められた農林物資の名称について、規格に適合しているかを検査し、判定することを格付といい、格付を受けた製材にはJASマークを表示できます。

 格付及びJASマークの表示を行うには、製造業者等が、登録認定機関にJAS認定工場の認定の申請をし、認定を受けて、自らの製材に、自ら検査、格付を行い、表示します。

格付のための検査の方法は、一般的には、製材から試料を抽出(サンプリング)し、試料各個について検査(試験を含む)(テスティング)し、規格への適合を判定する、という流れであり、以上の検査の判定結果に基づいて、製材へのJASマークの表示(ラベリング)を行います。

登録認定機関

 認定機関として登録を受けようとする法人等は、認定を適格、円滑かつ公正に実施できる要件に適合し、農林水産大臣が登録した機関です。

 北林検は、JAS法第17条の2第1項の規定に基づく登録認定機関として登録されています。
 登録番号 第84号 平成18年11月17日 更新 平成26年11月17日
 登録の区分 一般材、押角、耳付材、合板(航空機用のものを除く。)及び床板
 登録の期間 平成30年11月16日まで


北林検のコミットメント

     

JAS認定工場

 登録認定機関から認定を受けた認定工場には、次の2つのタイプがあります。

 (1)Aタイプ認定工場
   認定の技術的基準(製造設備、検査施設、品質管理体制、格付体制、内部監査体制等)を満
  たし、認定を受けたものについて、自ら検査、格付を実施し、JASマークを表示する工場です。

 (2)Bタイプ認定工場
   認定の技術的基準のうち、格付検査担当者の資格を有するものを置かない等の理由により
  自ら格付のための試料の検査を行わず、検査を外部の第三者検査機関に行わせ、その結果
  に基づいて判定、格付を実施し、JASマークを表示する工場です。

 
 資料

  ・JAS認定事業者及び工場

   構造用製材 ・ 造作用製材 ・ 下地用製材  ・ 広葉樹製材 

   枠組壁工法構造用製材

   人工乾燥構造用製材 ・ 人工乾燥造作用製材 ・ 人工乾燥下地用製材 ・ 人工乾燥広葉樹製材

   保存処理構造用製材 ・ 保存処理造作用製材 ・ 保存処理下地用製材 ・ 保存処理広葉樹製材

   保存処理枠組壁工法構造用製材

   機械等級区分構造用製材

     

素材のJAS認定事業者

 農林物資の規格化等に関する法律施行規則第46条第2項の農林水産大臣が定める農林物資についての製造業者等の認定の技術的基準等を満たし、認定を受けた製造業者等です。


 資料

 ・素材のJAS認定事業者

     

第三者検査機関

 格付のための試料の試験・検査を行う機関です。この機関は、検査を適正に行い得る機械器具及び人員を有し、その人員は、検査を公正に実施しなければなりません。

 北林検は、この要件を満たしています。











バナースペース

一般社団法人北海道林産物検査会

〒060-0004
北海道札幌市中央区北4条西5丁目1
林業会館内